△21 フライパンで、ジンギスカン

今回は、フライパンでお手軽ジンギスカンを楽しみましょう。

簡単お手軽料理なので、独身時代にはよく食べていました。

★フライパンでジンギスカン~用意するもの

フライパンは、家庭用で直径が約30cmほどのも大きさモノがあれば、OK。

次に、食材を用意します。

ジンギスカン用のマトン肉は、1人前なら200~300gが適量でしょう。

野菜の基本は、モヤシと玉ねぎ。

モヤシは1袋、玉ねぎは1玉あればよいのですが、袋入りで売られているでしょうね。

お好みで、ピーマンやシシトウそしてシメジもいれても美味しくいただけます。

フライパンに、敷く油はサラダオイルでよいでしょう。

マトン肉の横にサービスで置いてある脂身でも代用できます。

味付けの決め手は、ジンギスカンのたれです。

スーパーなどの焼肉のたれコーナーにたぶんあると思います。

北海道では、「ベルのジンギスカンのたれ」と「ソラチジンギカンのたれ」の2大ブランドがあります。

北海道人ならどちらのCMソングも歌えるでしょう。

ジンギスカンは、醤油やソースではおいしく食べれません。

羊の肉にあうのは、やはりジンギスカンのたれに限ります。

★フライパンで、ジンギスカンの作り方

①食材を切ります。玉ねぎやピーマンなど切ります。

②フライパンを熱して、サラダオイルを適量入れます。

③食材をフライパンにすべていれ、マトンも入れます。

④フライパンに蓋をして蒸らします。こげないように菜箸で適当に混ぜながら炒めます。

⑤ほどよく火が通ったら完成です。

⑥ジンギスカンのたれをさらに入れ、食べましょう。

味付きジンギスカンの場合は、たれがなくても袋に入っている味付きのたれで味が付くので食べられます。

フライパン ジンギスカン-簡単、男の料理
フライパン ジンギスカン-簡単、男の料理

料理名:ジンギスカン
作者:nozul

■材料(3人分)
タレつきジンギスカン(総量500g前後) / 1パック
A もやし / 100~200g
A マイタケ / 1パック
A 玉ねぎ / 1個
A ピーマン / 1~2個
A その他ありもの野菜 / 総量100g程度

■レシピを考えた人のコメント
北海道出身なので時々、ジンギスカンが食べたくなります。「松尾」の鍋を持っていますが、普段はフライパンでお手軽に済ませています。

詳細を楽天レシピで見る
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…
↓↓ ポイントが貯まるレシピ サイト ↓↓
>>最短約 30 秒!▼無料▼会員登録<<
━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

関連記事

サイト内検索



人件費・光熱費が大きな負担では?
KWBフーズの業務用ソースで解決します。
コチラから





画像をクリックすると詳細が見れます。

=========================
命のだしシリーズ フォンドボー (ブック型) 500ml (冷凍) (内税 送料別) 1500円

フォンドボー


500g 送料別 1500円

          

ビーフシチューなど、煮込み料理に 最適な出汁(フォンドボー)です。
市販の缶詰などとは、比較にならないほどの 最高級の料理に仕上がります。
アマゾンのレビューにも書き込まれていますが ホントに美味しいビーフシチューになりますよ。
業務用で使用する方が増加中です。


=========================


下記は清潔に使えるキューブ状です。

命のだしシリーズ
 フォンドボーキューブ
冷凍 500g 送料別 1600円

フォンドボーキューブ



500g 送料別 1600円

      



ページ上部へ戻る