下の動画をご覧ください。この世で一番美味しいビーフシチューができました。



この極美味のビーフシチューが出来る「フォンドボー」の詳細はこちら



30-5 ヨモギ餅

子供時代に、おふくろが作ってくれたヨモギ餅。春になったら、新芽のヨモギを摘んで餅に入れて、よく作ってもらった記憶があります。今日は、ヨモギ餅のレシピです。

分量は、ヨモギ餅8個分になっています。

①ヨモギの葉っぱを摘む。
ヨモギの新芽を摘みます。葉っぱは浦賀白っぽくて地面にはいつくばっているものを選んでとりましょう。

②ヨモギの葉っぱを湯がく
重曹(30g)を水(4L)いれアク抜きします。

③水を沸騰させヨモギを湯がきます。
重曹は水から入れ、水が沸騰したらヨモギの葉を入れ湯がきます。
新芽なので、それほど時間がかからず柔らかくなるでしょう。
湯がいたあとは、水洗いします。

④ヨモギを細かくします。
先に、包丁で大まかに切っておいて、ハンドミキサーでヨモギを細かくします。

⑤餅生地を作ります。
上新粉(150g)と白玉子(30g)をボウルに入れぬるま湯を加えながら耳たぶくらいの柔らかさになるまでこねます。蒸し器に、濡れ布巾を敷き餅生地を並べ強火で20分ほど蒸します。

⑥餅生地とヨモギを混ぜます。
いちどにヨモギを大量に入れて混ぜ合わせても、うまく混ざりません。少しずつヨモギを加えてゆくとちょうどよく混ざりあうようです。

⑦餡をいれます。
程よく緑色に混ざり合ったなら、8等分に分けます。
手に水をつかえるか、あらかじめ餅をラップで包むとべとつかずに通くれます。
餅生地にあんこを入れて包みます。

※あんこ(缶詰)100gに、さとう大匙3倍を加えあらかじめ用意しておきます。

⑧皿に盛りつけます。
お皿に、きれいに盛り付ければ完成です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイト内検索



人件費・光熱費が大きな負担では?
KWBフーズの業務用ソースで解決します。
コチラから





画像をクリックすると詳細が見れます。

====================================
命のだしシリーズ フォンドボー (ブック型) 500ml (冷凍) (内税 送料別) 1500円

フォンドボー


500g 送料別 1500円

          

ビーフシチューなど、煮込み料理に 最適な出汁(フォンドボー)です。
市販の缶詰などとは、比較にならないほどの 最高級の料理に仕上がります。
アマゾンのレビューにも書き込まれていますが ホントに美味しいビーフシチューになりますよ。
業務用で使用する方が増加中です。


====================================


下記は清潔に使えるキューブ状です。

命のだしシリーズ
 フォンドボーキューブ
冷凍 500g 送料別 1600円

フォンドボーキューブ



500g 送料別 1600円

      

ピックアップ記事

  1. 30ー2 アルバイト時代の懐かしのスコットランド料理。フィッシュ&チップス。

    イギリス料理を提供するお店で働いてたことがあります。 お店の1番人気のメニューがフィッシュ&…
  2. 30ー17 アルバイト時代の思い出料理。シェパーズパイ。

    イギリス料理を提供するお店で働いてたことがあります。 イギリス料理は初めてお目にかかる…
  3. 30-15 コロッケ成形機、鋳物頑丈、お肉屋さんコロッケで作る とろりん♪蟹クリ ームコロッケ レシピ・作り方

    蟹クリームコロッケ、みんなが大好きなメニューですね。 このレシピはホワイトソースを作る…
  4. 30-14 洋食屋さん の簡単コンソメスープ★ レシピ・作り方

    野菜がたくさん入ったヘルシーなスープです。野菜が苦手な人も このスープなら野菜が取りやすい…
  5. 30-4 「ビタミン補給♪ほうれん草とベーコンのミルクスープ」

    先日、ワタクシの彼(フランス人)が風邪でダウンしてしまいまして。 お粥でも作ってあげようか…


ページ上部へ戻る